遺言書保管法の成立

山形法務局

平成30年7月6日
「法務局における遺言書の保管等に関する法律(遺言書保管法)」が成立しました。
同年7月13日に交付され、交付から2年以内に施行されます。

ざっくりと言えば、「自筆証書遺言を、より確実な方法として、より使いやすくするための法律」という感じでしょうか。

※追記 施行日が決まりました。⇒令和2年7月10日からです。「相続法改正の概要と施行スケジュール(1)」参照

 

1番大きなところでは、自筆証書遺言を法務局が保管する制度が出来ます。

当サイトにおいては、自筆証書遺言の難点を挙げて、遺言を書くなら「公正証書遺言」というご紹介をしてきましたが(ご参考:「なぜ遺言を残した方がよいのか」)、その難点が改善されるようですので、ここで、その概要を簡単にご紹介したいと思います。

 

同じ日に、「民法の改正」に関する法律も成立しています。
そちらは相続に関する民法の条文が大きく改正されており、詳しくはまた別の稿に譲りたいと思いますが、その中で、「自筆証書遺言の方式の緩和」が規定されました。
その部分だけここで触れたいと思います。

 

1.自筆証書遺言のこれまでの問題点

・遺言書紛失のおそれ

・遺言書の廃棄、隠匿、改ざんのおそれ

・相続開始後の手続きの煩雑さ

・所有財産が多いと、すべてを自筆で書くのは相当な労力が必要

 

2.今回成立した「法務局における遺言書の保管等に関する法律」の概要

・申請すれば、法務局で遺言書を保管してくれる
⇒令和2年3月23日、手数料に関する政令が交付されました(遺言書保管手数料

・死亡後はその写しを請求でき、家庭裁判所での検認が不要。

→これまで、利害の絡む相続人による遺言書の隠匿や改ざん等の危険性が、自筆証書遺言のネックとなっていましたが、法務局で保管することにより、その防止を図ることが出来るようになります。

→これまで、遺言者が死亡後、相続人全員に通知した上で、家庭裁判所での検認手続きが必要でしたが、この保管制度を利用することによりその手続きが不要となります。

 

3.今回成立した「民法の改正」のうち、自筆証書遺言の方式の緩和(新民法968条)

・自筆でない財産目録を使用できるようになる

→これまで自筆証書遺言は「全文」を「自筆」で書く必要があり、不動産や預貯金などの明細である財産目録を作成する際には、その数によってはかなりの負担がありました。新民法施行後は、財産目録はエクセルなどで作って、自筆の本文部分とセットでOK、ということになります。

 

以上が、自筆証書遺言に関する、今回の法律成立、法改正の概要です。

これまでの問題点が改善され、より自筆証書遺言が使いやすくなるようですが、詳細はこれからです。

今後、施行日や、手続きの詳細が詰められ公表されると思いますので、その内容を確認しながら、本ホームページでもご紹介していきたいと思います。

なお、実際にこれらの規定が適用され、制度を利用できるのは施行日後であることにご留意ください(施行日前に財産目録をエクセルで作った自筆証書遺言は無効です)。

 

➡山形の遺言、相続のご相談、サポート

 

コメントは受け付けていません。

相続、遺言のコラム

  • 遺言書 なぜ遺言を残した方が良いのか(2)

    そして「なぜ遺言を残した方が良いのか」  相続人が複数の場合、遺言がなければ相続人の間で遺産分割協議を行う必要があります。  遺産分割の問題点は、前述したとおりです。  一度争いになってしまうと、分割から数十年経過しても […]

  • 遺産分割協議書 遺産分割協議の進め方と遺産分割協議書

    身内の方が亡くなられ、どのタイミングで遺産分割の話をするのかはそれぞれの事情によりますが、実際に話を進めるときに、どういう手順で進めたら良いのかでつまづく方は多いと思います。 そうそう経験したり、他人の話を見聞きすること […]

  • 山形 相続 遺留分 遺留分(いりゅうぶん)とは

    「遺留分」(いりゅうぶん)   どこかでお聞きになった方もいらっしゃるとは思いますが、言葉が一般的ではないため、身構えてしまう方もおられるかもしれません。 さらに、この遺留分を行使する権利のことを「遺留分減殺請 […]

会社設立のコラム

  • 会社法 会社設立 会社設立と司法書士

    株式会社を設立するには、定款の認証や設立登記等の手続きが必要になります。 もちろんご自身で手続きすることもできますが、電子定款を用いることで印紙代の4万円を節約できるようになったこともあり、司法書士などの専門家に依頼され […]

  • 山形 合同会社設立 合同会社という選択(株式会社との比較)

    平成18年の会社法の改正によって、「合同会社」という会社形態が生まれました。 制度が出来てから10年以上が経過しましたが、まだまだ知られていないような気がします。 一般にあまりなじみはありませんが、実は大会社がこの形態を […]

  • 会社印 はんこ 会社設立時に作る「ハンコ」について

    会社を設立する際にハンコを作る必要があります。 それは、 ① 代表印 ② 銀行印 ③ 角印 の3つです。 それぞれの必要性は次のとおりです。   ①代表印(丸印)は、登記所(法務局)に印鑑登録する必要があります […]

会社の登記のコラム

  • 役員変更登記 過料 変更登記を怠ったら

    会社の設立後、「登記事項」に変更が生じた場合、変更登記をしなければなりません。 「登記事項」とは、いわゆる「登記簿」に載っている事項です。 商号、本店、資本金、役員などなど。 変更登記の中でも一番なじみがあるのは、役員変 […]

  • 会社法 会社設立 会社設立と司法書士

    株式会社を設立するには、定款の認証や設立登記等の手続きが必要になります。 もちろんご自身で手続きすることもできますが、電子定款を用いることで印紙代の4万円を節約できるようになったこともあり、司法書士などの専門家に依頼され […]

  • 山形の代表取締役 代表取締役の地位のみの辞任

    取締役会を置かない会社において、 「取締役としては残るけれども、代表取締役だけを辞任したい」 という場合に、会社の定款の定め方によっては、辞任の意思表示によって辞任することができない場合があります。   取締役 […]

不動産登記のコラム

  • 山形 不動産の贈与 不動産の生前贈与(親から子へ)

    お客様からのお問い合わせで多いのが「不動産の生前贈与」です。 (贈与したい親御さんからのお問い合わせもそうですが、贈与を受けたいお子様側からの問い合わせも同じようにあります)。 特に、「贈与税」を始めとした、「贈与したこ […]

  • 山形の抵当権抹消登記 抵当権抹消の登記

    家を購入された、または建てられた時に、金融機関からその資金の借入れをした方は多いと思います。 いわゆる「住宅ローン」です。 その際、ほとんどの場合、取得した建物や土地に抵当権が設定されていると思います。 抵当権とは、その […]

  • 農地の売買、転用 農地の売買、所有権移転登記

    一般的に、土地の売買は、売主と買主が合意すれば売買契約は成立し、合意により定めた時期に所有権は移転します。 しかし農地の売買の場合、所有権移転の効力を発生させるためには、原則として「農地法の許可」が必要になりますので注意 […]

コラムのカテゴリー