会社設立と司法書士

会社法 会社設立

株式会社を設立するには、定款の認証や設立登記等の手続きが必要になります。

もちろんご自身で手続きすることもできますが、電子定款を用いることで印紙代の4万円を節約できるようになったこともあり、司法書士などの専門家に依頼される場合が多いのではないでしょうか。

ただ、その依頼先については、司法書士以外にも税理士事務所や行政書士事務所があり、さらには、書類作成のシステムを提供するだけのサービスも見かけられるようになりました。

そのような状況ですので、依頼するとして、どこに頼めばいいのか、ということで悩まれる方もいらっしゃると思います。

インターネットで検索できる範囲だけでも、多くの業種と、多様な料金設定がされていますので、正直なところ、私が設立するとしても、どこに依頼すればいいのか、かなり悩みそうです。

ここでは、他の士業の方や、書類作成システムを提供している事業者さんは置いておいて、会社設立を「司法書士」に依頼するメリットにしぼってお話したいと思います。

1 会社と登記

会社は、設立の登記をすることによって始まり、解散・清算の登記をすることで終了します。
また、登記されている内容に変動があった場合は、その旨の登記を2週間以内にする必要があります(会社法915条1項)。

増資・減資をした、本店が変わった、代表者の住所が変わったなどの場合、変更登記申請が必要になりますし、役員の任期が到来した場合には、たとえ同じ方が再任されたとしても、その旨の登記が必要になります。

会社が存続する限り、会社と「登記」とは切り離せないのです。

2 商業登記の専門家

依頼者に代わって登記申請の代理を行うことができるのは、基本的に司法書士だけです。

例えば税理士さんや行政書士さんを通じて設立されたとしても、「登記」の部分については、税理士さん行政書士さんは申請の代理が出来ませんので、設立登記はもちろん、その後の変更があった場合の登記についても、最終的には司法書士に依頼することになるのが一般的です。

司法書士になるための司法書士試験では、会社の登記に必要な「会社法」と「商業登記法」の相当な理解がなければ合格できません。

「商業登記」の専門家は司法書士です。

3 紛争防止の役割

「登記」と一口に言っても、ただ登記がされればよいというわけでもありません。

「登記の申請」に限って言えば、いまやインターネット上で多くの情報を取得できますので、ご自身で手続きするハードルも低くなってきています。
しかし、登記は出来たとしても、会社法に則った手続きを経ていない場合には、後になってトラブルに見舞われることもあります。

司法書士は、会社法・商業登記法の専門家です。
単に申請を代行するだけではなく、適正な手続きとその周辺にあるリスクのご説明を行い、後々の紛争を防止する役目を担うことが出来ます。

4 まとめ

以上のように、会社が存続する間は、会社と登記手続きとは切っても切り離せません。

しかし、一般の方が登記の仕組みや会社法について理解をするのは困難です。
実際、設立から相当年数が経過している会社さんの登記のご依頼を受ける場合(これまで司法書士が関わってこなかった会社様です)、登記懈怠若しくは選任懈怠に陥っていたり、定款に不備がある場合が多々あります。
>>登記懈怠について、詳しくはこちら

登記懈怠をすれば、過料の制裁を受ける場合がありますし、また定款の不備や不適正な手続きによりトラブルが起こる場合もあります。

設立当初から、何かあった場合に気軽に相談できる司法書士がいれば、社長様も心強いのではないかと思います。

 

>>山形、天童の会社設立手続きはこちら

コメントは受け付けていません。

相続、遺言のコラム

  • 山形 お子さんがいない場合の相続 お子さんがいない場合の相続

      お子さんがいらっしゃらないご夫婦において、例えば旦那様が亡くなった場合の相続はどのようになるでしょう。 奥様が全ての遺産を取得することが出来るとは限りませんので注意が必要です。   1 お子さんが […]

  • 山形 相続 遺留分 遺留分(いりゅうぶん)とは

    「遺留分」(いりゅうぶん)   どこかでお聞きになった方もいらっしゃるとは思いますが、言葉が一般的ではないため、身構えてしまう方もおられるかもしれません。 さらに、この遺留分を行使する権利のことを「遺留分減殺請 […]

  • 山形の相続 法定相続分 法定相続分とは

      数人の相続人が取得する遺産の取得割合を「相続分」と言いますが、被相続人(亡くなった人)は、生前にその割合を遺言で定めることができます。 これを指定相続分と言います。   民法では、まずはこの指定相 […]

会社設立のコラム

  • 山形 合同会社設立 合同会社という選択(株式会社との比較)

    平成18年の会社法の改正によって、「合同会社」という会社形態が生まれました。 制度が出来てから10年以上が経過しましたが、まだまだ知られていないような気がします。 一般にあまりなじみはありませんが、実は大会社がこの形態を […]

  • 会社印 はんこ 会社設立時に作る「ハンコ」について

    会社を設立する際にハンコを作る必要があります。 それは、 ① 代表印 ② 銀行印 ③ 角印 の3つです。 それぞれの必要性は次のとおりです。   ①代表印(丸印)は、登記所(法務局)に印鑑登録する必要があります […]

  • 会社法 会社設立 会社設立と司法書士

    株式会社を設立するには、定款の認証や設立登記等の手続きが必要になります。 もちろんご自身で手続きすることもできますが、電子定款を用いることで印紙代の4万円を節約できるようになったこともあり、司法書士などの専門家に依頼され […]

会社の登記のコラム

  • 山形の代表取締役 代表取締役の地位のみの辞任

    取締役会を置かない会社において、 「取締役としては残るけれども、代表取締役だけを辞任したい」 という場合に、会社の定款の定め方によっては、辞任の意思表示によって辞任することができない場合があります。   取締役 […]

  • 会社法 会社設立 会社設立と司法書士

    株式会社を設立するには、定款の認証や設立登記等の手続きが必要になります。 もちろんご自身で手続きすることもできますが、電子定款を用いることで印紙代の4万円を節約できるようになったこともあり、司法書士などの専門家に依頼され […]

  • 山形ー会社設立ー決算  会社設立時、決算月の決め方

    会社を設立する際、会社の決算月をいつにするか。 まずは悩まれるところです。 必ず〇月にしなければいけない、という決まりがありません。   国税庁が発表している平成28年分の決算期別の法人数データを見ると、 一番 […]

不動産登記のコラム

  • 長期間相続登記等がされていないことの通知 長期間相続登記等がされていないことの通知

      令和元年9月以降、全国の法務局では、 所有者が亡くなっているものの長期間相続登記がされていない土地の法定相続人に対し、 「長期間相続登記等がされていないことの通知」の発送を行っています。   「長 […]

  • 山形 不動産の贈与 不動産の生前贈与(親から子へ)

    お客様からのお問い合わせで多いのが「不動産の生前贈与」です。 (贈与したい親御さんからのお問い合わせもそうですが、贈与を受けたいお子様側からの問い合わせも同じようにあります)。 特に、「贈与税」を始めとした、「贈与したこ […]

  • 山形の抵当権抹消登記 抵当権抹消の登記

    家を購入された、または建てられた時に、金融機関からその資金の借入れをした方は多いと思います。 いわゆる「住宅ローン」です。 その際、ほとんどの場合、取得した建物や土地に抵当権が設定されていると思います。 抵当権とは、その […]

コラムのカテゴリー