山形の役員、目的等の変更登記

~山形・天童の司法書士 はちや司法書士・行政書士事務所~

 各種変更登記(役員変更等)


 設立後の各種変更登記手続きを行います。

会社が設立された後、様々な要因によって、登記事項に変更が生じることがあります。

たとえば、株式会社であれば必ず発生するのが、役員変更です。

現在の株式会社(特例有限会社を除く)においては、役員の任期の上限が10年と定められていますので、少なくとも10年に1回は役員の改選があり、そこでたとえ同じ取締役が再任されたとしても、その旨の変更登記を行う必要があります。

また、代表者が変われば「代表者の変更」、本店の場所を変えたときには「本店移転」、増資したときには「資本金の額の変更」、新規事業を興すために定款の目的を変更した時には「目的変更」などの登記が必要になります。

一方、会社の重要な部分が変わっても変更登記が不要であるものも存在します。

ここが一般の方に大変分かりづらいところなのですが、例えば、決算期を変えた、や、取締役の一人を専務に任命した、などは登記事項ではないため、変更登記の必要はありません。

 

このような、変更登記を当事務所がお客様に代わって行います。

変更登記を申請する際は、基本的に株主総会等の議事録が必要になりますが、議事録の作成もこちらで行うことが可能です。

 

変更登記が必要かどうか不明な場合は、まずはお問い合わせください。

変更登記を怠ったら

 

会社の変更登記をお受けできるエリア

天童市、山形市、東根市、寒河江市、河北町、中山町、上山市、山辺町、村山市、大江町、朝日町、尾花沢市、大石田町、西川町

その他の地域の方でも、お受けできる場合もございますので、お気軽にお問い合わせください。

 

コメントは受け付けていません。