長期間相続登記等がされていないことの通知

長期間相続登記等がされていないことの通知

 

令和元年9月以降、全国の法務局では、
所有者が亡くなっているものの長期間相続登記がされていない土地の法定相続人に対し、
「長期間相続登記等がされていないことの通知」の発送を行っています。

 

「長期間相続登記がされていない」の意味をご説明しますと、
不動産の所有者が亡くなった場合に、その相続人に名義を変える登記手続きのことを一般に「相続登記」と言いますが、この登記が長期間されていない、ということです。

 

現在、全国で多くの土地が、相続登記未了のままとなっており、その数は増加の一途です。
そのために土地が有効に活用されず、また、公共事業においては所有者特定の大きな支障となっています。

このような背景があって、国では様々な対策を検討、実施しているところですが、その一つとして、法務局では、長期間相続登記がされていない土地の所有者の法定相続人を調査し、それが判明した法定相続人の一人に対して、上記の通知を発送し、相続登記を促しています。

 

・現在のところは、30年以上相続登記がされておらず、公共事業等で必要とされる土地について、通知を発送しています。

・また、法定相続人全員に対して通知を発送しているわけではなく、法定相続人の内の任意の一人に対して発送しています。

 

相続登記をしないまま放置しておくことは得策とは言えません。

放置しておいた場合の弊害を以下にまとめてみましたので、まずはこちらをご覧いただければと思います。

 

相続登記をしないで放置しておくことの弊害

1 売りたい時に売れない
2 時間が経過するほど、関係者が亡くなるなどして、孫・ひ孫と相続人が増加し、遺産分割協議(ハンコもらい)が困難になりやすい
3 法定相続分による登記がされることによる弊害

1 売りたい時に売れない

土地を売却する場合、売買と同時に土地の登記簿の名義を買主に変える登記を行うことが通常ですが、その前提として、登記簿の名義が売主名義になっていなければなりません。つまり亡くなった先代の名義のままでは、事実上売却はできません。

2 時間が経過するほど、関係者が亡くなるなどして、孫・ひ孫と相続人が増加し、遺産分割協議(ハンコもらい)が困難になりやすい

例えば、お母さんは数年前に亡くなられていたとして、お父さんが亡くなられた場合、その相続人は子どもです。

子どもが2人いれば、法定相続人は2人となります。 この時点で相続登記をするためには、子ども2人が実印を押した遺産分割協議書が必要になります。

しかし、遺産分割協議をせずに、そこから50年が過ぎました。

子ども二人にはそれぞれ子ども(お父さんから見て孫)が生まれ、その子どもにも子ども(同じくひ孫)が生まれています。
ひ孫が
12人にもなっていたとすれば、基本的に12人が法定相続人です。

この時点で相続登記をするには、12人全員が実印を押した遺産分割協議書が必要になります。
12人の中には、連絡がつく方もいればそうでない方も出てきますし、全国または国外にいらっしゃる場合もあります。

相続登記は、時間が経過すればするほど困難になりやすく、手続きをするタイミングも逃しがちです。

3 法定相続分による登記がされることによる弊害

相続登記においては、法定相続人の1人からの法定相続分による登記が認められています。
2の子ども二人の例でみてみると、

土地の登記簿の所有者
持分2分の1 子どもA
持分2分の1 子どもB

という登記を、子どもAからでもBからでも、単独で登記申請することが可能です。 その場合、一方のハンコや、一方への相談なく登記することが可能です。
この登記がされると、「自分の名義になった持分」だけは売却することが可能ですし、その持分だけに抵当権を設定することもできます。

また、子どもBに借金があり、返済が滞った場合、B の債権者が上記のような法定相続分による登記を代位申請して、Bの持分について差押え登記をすることもできます。

このようなことになると、土地全体を売却する支障になりますし、自分の持ち分を売却することも難しくなります。 

 

法務局が作成した説明動画も公開されています。

お時間がある方は、こちら(説明動画)もご覧ください。

 

通知を受けた方はこの機会に相続登記をされることをお勧めします

令和3年4月21日 民法等の一部を改正する法律が成立し、相続登記が原則義務化されました。(令和3年5月加筆)
施行日は現在のところ未定であり、どのような運用がされるかは今後の動向を注視する必要があります。

ただ、義務化に関わらず、相続登記をせずに放置しても、いいことは何もありません。

このタイミングを逃さず、手続きをされることをお勧めいたします。

ご不明な点がありましたら、法務局や、登記の専門家である司法書士にお問い合わせください。
もちろん、当事務所でも相談をお受けしておりますので(無料)、お気軽にお問い合わせください。

 

>>山形の相続登記、相続手続き

コメントは受け付けていません。

相続、遺言のコラム

  • 戸籍謄本 全部事項証明書 相続手続きと戸籍

      相続手続きと言えば、「戸籍謄本」は必ずと言っていいほど必要になる書類です。 銀行に行っても、証券会社に行っても、相続登記をするにしても、相続放棄をするにしても、また遺言を公正証書で作る場合も必要です。 &n […]

  • 遺言書 なぜ遺言を残した方が良いのか(2)

    そして「なぜ遺言を残した方が良いのか」  相続人が複数の場合、遺言がなければ相続人の間で遺産分割協議を行う必要があります。  遺産分割の問題点は、前述したとおりです。  一度争いになってしまうと、分割から数十年経過しても […]

  • 遺産相続、遺産分割 なぜ遺言を残した方が良いのか(1)

     テレビ、インターネット、書店・・・、あちらこちらで相続や遺産分割争いについての情報が出回っています。  いずれも、相続が「争族」になるとか、遺産分割をきっかけに縁が切れた、といった話の中でも、悲惨な結果の部分に焦点が当 […]

会社設立のコラム

  • 会社印 はんこ 会社設立時に作る「ハンコ」について

    会社を設立する際にハンコを作る必要があります。 それは、 ① 代表印 ② 銀行印 ③ 角印 の3つです。 それぞれの必要性は次のとおりです。   ①代表印(丸印)は、登記所(法務局)に印鑑登録する必要があります […]

  • 山形ー会社設立ー決算  会社設立時、決算月の決め方

    会社を設立する際、会社の決算月をいつにするか。 まずは悩まれるところです。 必ず〇月にしなければいけない、という決まりがありません。   国税庁が発表している平成28年分の決算期別の法人数データを見ると、 一番 […]

  • 山形の会社設立 定款作成 定款の作成

      「定款」とは、株式会社の組織や運営、株主の地位などを定める株式会社の根本となる決まり、です。 株式会社設立の際には、この定款を定めて公証人の認証を得る必要があります。 この定款の内容は、どんな内容でも良いわ […]

会社の登記のコラム

  • 山形ー会社設立ー決算  会社設立時、決算月の決め方

    会社を設立する際、会社の決算月をいつにするか。 まずは悩まれるところです。 必ず〇月にしなければいけない、という決まりがありません。   国税庁が発表している平成28年分の決算期別の法人数データを見ると、 一番 […]

  • テレビ電話定款認証 テレビ電話による電子定款認証(2020/5/11改正省令施行後)

      2019年3月29日から、テレビ電話方式による定款認証が可能になりました。 それまでは、会社の本店所在地を管轄する公証役場に出向いて、公証人の面前で認証を受ける必要がありましたので、例えば遠方の地に会社を設 […]

  • 山形の代表取締役 代表取締役の地位のみの辞任

    取締役会を置かない会社において、 「代表取締役から平の取締役に変更したい」 つまり、 「取締役としては残るけれども、代表取締役だけを辞任したい」 という場合に、会社の定款の定め方によっては、辞任の意思表示によって辞任する […]

不動産登記のコラム

  • 長期間相続登記等がされていないことの通知 長期間相続登記等がされていないことの通知

      令和元年9月以降、全国の法務局では、 所有者が亡くなっているものの長期間相続登記がされていない土地の法定相続人に対し、 「長期間相続登記等がされていないことの通知」の発送を行っています。   「長 […]

  • 山形 不動産の贈与 不動産の生前贈与(親から子へ)

    お客様からのお問い合わせで多いのが「不動産の生前贈与」です。 (贈与したい親御さんからのお問い合わせもそうですが、贈与を受けたいお子様側からの問い合わせも同じようにあります)。 特に、「贈与税」を始めとした、「贈与したこ […]

  • 山形の抵当権抹消登記 抵当権抹消の登記

    家を購入された、または建てられた時に、金融機関からその資金の借入れをした方は多いと思います。 いわゆる「住宅ローン」です。 その際、ほとんどの場合、取得した建物や土地に抵当権が設定されていると思います。 抵当権とは、その […]

コラムのカテゴリー