相続法改正の概要と施行スケジュール(2)

民法(相続法)

相続法改正の概要と施行スケジュールについて、

こちらのページでは、改正された各項目ごとに、その概要を見ていきます。

施行スケジュールについてはこちらです
>>「相続法改正の概要と施行スケジュール(1)」

相続法改正の概要

(1) 2019年1月13日施行

① 自筆証書遺言の方式緩和(新民法968条)

自筆証書遺言においては、これまでは、全ての内容を自筆で書く必要がありましたが、本改正の施行日以降は、パソコン等で打ち出した「財産目録」を添付することができるようになりました。

財産目録以外は自筆で書く必要があることと、本文と目録に契印が必要など、一定の要件がありますので注意が必要です。

(2) 2019年7月1日施行

① 共同相続における権利の承継の対抗要件(新民法899条の2)

この改正は重要です。
なぜなら、これまでの判例と異なる結論となるためです。
従来は、「遺言による相続分の指定」「相続させる旨の遺言」によって、法定相続分以上の相続財産を取得した者は、対抗要件なくして第三者に対抗することができるとされていました。
これが、新法では「法定相続分を超える」権利の承継については、対抗要件を備えなければ第三者に対抗することができないこととされました。

例えば、1つの不動産が相続財産であったとして、子供3名(A・B ・C)が相続人だったとします。
法定相続分は、それぞれ3分の1ずつになります。

被相続人が、「Aにこの不動産を相続させる」旨の遺言を残していた場合、これまでは、相続登記をしなくてもこの不動産の所有権を第三者に対抗することができました。
しかし、新民法施行後は、このような遺言があったとしても、その旨の相続登記をしておかなければ、この不動産の3分の2(Aの法定相続分3分の1を超える分)については、第三者に所有権を主張することができなくなりました。
確実に自身の権利を守るためには、迅速な相続登記が求められます。

② 相続分の指定がある場合の債権者の権利の行使(新民法902条の2)

判例において、また実務上も取り扱われてきたものが、条文で明文化されました。

相続財産に「債務」があった場合、相続人間でその債務を承継するものを定めたとしても、債権者にはそのことを主張できず、債権者は法定相続分に従った相続債務の履行を求めることができます。
ただし、債権者が相続人間の決定を認めた場合は、この限りではありません。

③ 遺産分割における、配偶者保護のための方策(新民法903条4項)

婚姻期間が20年以上の夫婦間で、居住用不動産の遺贈又は贈与がされたときは、持戻しの免除の意思表示があったものと推定することとなりました。

これまでは

⇒生前に贈与したものであっても、婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた場合は、その贈与を受けた財産も相続財産とみなして遺産分割することになっていました。

例えば、夫の生前、妻に、家と敷地を贈与していても(家・敷地の名義を妻にしていても)、遺産分割の際には、その分も相続財産として加える必要がありました。

つまり、一度もらったものを、一回返したうえで(理論上ですが)、遺産分割する必要があったわけです。

 

改正法施行日以降

⇒20年以上の夫婦間の、居住用不動産の遺贈または贈与については、遺産分割時、その分を相続財産に加えなくてもよくなりました。

 

配偶者の取得分がより多くなるようにした方策です。

※上記は、変更点がわかるようにざっくりとご説明しています。実際の遺産分割においての取り扱いや、例外などについては触れておりません。

④ 遺産分割前に、遺産に属する財産が処分された場合の遺産の範囲(新民法906条の2)

判例において、また実務上も取り扱われてきたものが、条文で明文化されました。

一例をあげると、例えば相続開始時には存在した預金を、相続人の一人が遺産分割時までに勝手に引き出した場合、その引き出した預金を遺産分割する対象の財産に含める、という内容です。

当たり前と言えば当たり前です。

⑤ 遺産の一部分割(新民法907条)

これまで実務上取り扱われてきたものが、条文で明文化されました。

一部分割とは、例えば、遺産がA財産とB財産である場合に、A財産だけ先に分割協議をしてその協議を確定させてしまうことです。

⑥ 遺産分割前の払い戻し制度(新民法909条の2)

相続された預貯金債権(要は預貯金のこと)について、生活費や葬儀費用の支払い、相続債務の弁済などの資金需要に対応できるよう、遺産分割協議が整う前に、仮払いとして金融機関から払い戻しができるようなりました。

払い戻すことができる金額は、「預貯金債権額×払い戻す相続人の法定相続分×1/3」で、金融機関ごとの上限は150万円です。

また、払い戻した預貯金は、払い戻した相続人が取得したものとみなされます。

⑦ 遺贈義務者の引き渡し義務(新民法998条)

債権法の改正に伴い、遺贈義務者は、遺贈の目的である物又は権利を「相続が開始したとき」の状態で引き渡し、又は移転することとされました。

⑧ 遺言執行と遺言執行者に関する改正(新民法1007条2項、1012条、1013条、1014条、1015条、1016条)

遺言執行者に関する条文が改正されました。

主な改正内容は、

・遺言執行者に、遺言の内容を相続人に通知する義務が課されました(1007条2項)。

・遺言執行が相続人によって妨害された場合の第三者保護規定と債権者保護規定が新設されました(1013条2項、3項)

・遺言執行者の権限の明確化(1014条)

・遺言執行者に復任権が付与されました(1016条)

⑨ 遺留分についての改正(新民法1042条~、1046条~)

まず、「遺留分」については、こちらで概要をご説明していますので、ご覧ください。
>>「遺留分(いりゅうぶん)とは」

この「遺留分」に関する内容が改正されました。

主な改正内容は、

・物権的効力を有する「遺留分減殺請求権(いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん)」が、金銭債権としての「遺留分侵害額請求権」に変わりました(1046条)。

・遺留分を算定するための、相続財産に加算する生前贈与については、相続開始前10年間にしたものに限るとされました(1044条3項)。

⑩ 特別の寄与の制度の創設(新民法1050条)

これまでは、相続人以外の者(例えば長男の妻)が被相続人の介護などでいくら尽くしても、遺贈の受遺者(遺言で長男の妻に○○を遺贈する)にならない限りは相続財産を取得することはできませんでした。

この制度の新設により、

「被相続人に対して無償で療養看護その他の労務の提供をしたことにより被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした被相続人の親族」

は、相続人に対し、その寄与に応じた金銭を請求できることとなりました。

 

(3)2020年4月1日施行

① 配偶者居住権の創設(新民法1028条~、1037条~)

夫婦のうち、一方が亡くなった場合に、残された配偶者の居住権を保護するための方策として、
「配偶者短期居住権」と「配偶者居住権」が新設されました。

それぞれの制度の特徴は、

ア)配偶者短期居住権
・残された配偶者が、被相続人の建物に無償で住んでいた場合に、一定の期間、その建物を無償で使用する権利。
・期間は、最低6カ月は保障されている。
・他の相続人の同意や、被相続人が遺言で残していなくても、一定の期間居住することが可能。

イ)配偶者居住権
・残された配偶者が、被相続人の建物に住んでいた場合に、「遺産分割(相続人間の協議)」又は「遺贈(遺言)」等で、この権利を取得するものとされた時に発生する権利。
・期間は、終身。

 

(4)2020年7月10日施行

① 自筆証書遺言の保管制度(法務局における遺言書の保管等に関する法律)

自筆証書遺言には、これまで次のようなデメリットがあるとされてきました。

ア)遺言書の紛失可能性
イ)相続人や関係者による隠匿、変造可能性
ウ)相続開始後の「検認手続き」の煩雑さ

本制度の創設により、これらの問題点が改善されることとなりそうです。

この制度を利用することにより、遺言書が法務局で保管されますので、ア)、イ)については心配する必要がなくなります。
また、この制度を利用した場合、検認が不要となりますので、ウ)についても改善されます。

本制度については、こちらのコラムでもご説明しています。
>>「遺言書保管法の成立」

※ 上記の内容につきましては、相続法改正の概要をざっくりと把握していただくために、当サイトの作成者がまとめたものです。
それぞれの項目につきまして、細部や例外等については触れておりませんので、その点ご留意ください。

 

>>山形の相続手続きご相談

>>相続のお問い合わせ ✉

コメントは受け付けていません。

相続、遺言のコラム

  • 山形 遺産分割 遺産分割で何ももらわなくても、相続放棄したことにはならない

    遺産分割協議は、亡くなった被相続人の財産の分け方を、相続人間で決める作業です。 協議の結果、一人の方がすべて相続される場合もあれば、不動産は誰、預貯金は誰というように決めることも出来ます。 (遺産分割協議については、こち […]

  • 遺言書 なぜ遺言を残した方が良いのか(2)

    そして「なぜ遺言を残した方が良いのか」  相続人が複数の場合、遺言がなければ相続人の間で遺産分割協議を行う必要があります。  遺産分割の問題点は、前述したとおりです。  一度争いになってしまうと、分割から数十年経過しても […]

  • 民法(相続法) 相続法改正の概要と施行スケジュール(2)

    相続法改正の概要と施行スケジュールについて、 こちらのページでは、改正された各項目ごとに、その概要を見ていきます。 施行スケジュールについてはこちらです >>「相続法改正の概要と施行スケジュール(1)」 相続法改正の概要 […]

会社設立のコラム

  • 山形の会社設立 定款作成 定款の作成

      「定款」とは、株式会社の組織や運営、株主の地位などを定める株式会社の根本となる決まり、です。 株式会社設立の際には、この定款を定めて公証人の認証を得る必要があります。 この定款の内容は、どんな内容でも良いわ […]

  • 会社印 はんこ 会社設立時に作る「ハンコ」について

    会社を設立する際にハンコを作る必要があります。 それは、 ① 代表印 ② 銀行印 ③ 角印 の3つです。 それぞれの必要性は次のとおりです。   ①代表印(丸印)は、登記所(法務局)に印鑑登録する必要があります […]

  • 山形 合同会社設立 合同会社という選択(株式会社との比較)

    平成18年の会社法の改正によって、「合同会社」という会社形態が生まれました。 制度が出来てから10年以上が経過しましたが、まだまだ知られていないような気がします。 一般にあまりなじみはありませんが、実は大会社がこの形態を […]

会社の登記のコラム

  • 会社法 会社設立 会社設立と司法書士

    株式会社を設立するには、定款の認証や設立登記等の手続きが必要になります。 もちろんご自身で手続きすることもできますが、電子定款を用いることで印紙代の4万円を節約できるようになったこともあり、司法書士などの専門家に依頼され […]

  • 山形ー会社設立ー決算  会社設立時、決算月の決め方

    会社を設立する際、会社の決算月をいつにするか。 まずは悩まれるところです。 必ず〇月にしなければいけない、という決まりがありません。   国税庁が発表している平成28年分の決算期別の法人数データを見ると、 一番 […]

  • 役員変更登記 過料 変更登記を怠ったら

    会社の設立後、「登記事項」に変更が生じた場合、変更登記をしなければなりません。 「登記事項」とは、いわゆる「登記簿」に載っている事項です。 商号、本店、資本金、役員などなど。 変更登記の中でも一番なじみがあるのは、役員変 […]

不動産登記のコラム

  • 山形 不動産の贈与 不動産の生前贈与(親から子へ)

    お客様からのお問い合わせで多いのが「不動産の生前贈与」です。 (贈与したい親御さんからのお問い合わせもそうですが、贈与を受けたいお子様側からの問い合わせも同じようにあります)。 特に、「贈与税」を始めとした、「贈与したこ […]

  • 山形の抵当権抹消登記 抵当権抹消の登記

    家を購入された、または建てられた時に、金融機関からその資金の借入れをした方は多いと思います。 いわゆる「住宅ローン」です。 その際、ほとんどの場合、取得した建物や土地に抵当権が設定されていると思います。 抵当権とは、その […]

  • 農地の売買、転用 農地の売買、所有権移転登記

    一般的に、土地の売買は、売主と買主が合意すれば売買契約は成立し、合意により定めた時期に所有権は移転します。 しかし農地の売買の場合、所有権移転の効力を発生させるためには、原則として「農地法の許可」が必要になりますので注意 […]

コラムのカテゴリー