相続法改正の概要と施行スケジュール(1)

民法(相続法)

平成30年(2018年)7月6日、改正相続法が成立し、同月13日公布されました。

テレビ等でも報道される機会が増えていることもあってか、改正された内容について、ご存知のお客様も多くなっている実感があります。
ただ、それが「いつから」施行されるか、という点では、なかなか把握していらっしゃらないようです。

それもそのはず、今回の改正はかなりボリュームのある内容となっていますが、さらにややこしいことに、施行日が4段階に分かれています。

ここでは、2ページにわたり、全体のスケジュールと、それぞれの改正の概要について、まとめてみました。

全体の概要の把握にお役立てください。

 

まずスケジュールを抑えてみたいと思います。

 

改正相続法の施行スケジュール

(1) 2019年1月13日施行

① 自筆証書遺言の方式緩和(新民法968条)

 

(2) 2019年7月1日施行

① 共同相続における権利の承継の対抗要件(新民法899条の2)

② 相続分の指定がある場合の債権者の権利の行使(新民法902条の2)

③ 遺産分割における、配偶者保護のための方策(新民法903条4項)

④ 遺産分割前に、遺産に属する財産が処分された場合の遺産の範囲(新民法906条の2)

⑤ 遺産の一部分割(新民法907条)

⑥ 遺産分割前の払い戻し制度(新民法909条の2)

⑦ 遺贈義務者の引き渡し義務(新民法998条)

⑧ 遺言執行と遺言執行者に関する改正(新民法998条、1007条2項、1012条、1013条、1014条、1015条、1016条)

⑨ 遺留分についての改正(新民法1042条~、1046条~)

⑩ 特別の寄与の制度の創設(新民法1050条)

 

(3) 2020年4月1日施行

① 配偶者居住権の創設(新民法1028条~、1037条~)

 

(4) 2020年7月10日施行

① 自筆証書遺言の保管制度(法務局における遺言書の保管等に関する法律)

 

次ページで、それぞれの改正の概要について触れます。

>>相続法改正の概要と施行スケジュール(2)

 

>>山形の相続手続きご相談

>>相続のお問い合わせ ✉

コメントは受け付けていません。

相続、遺言のコラム

  • 山形法務局 遺言書保管法の成立

    平成30年7月6日 「法務局における遺言書の保管等に関する法律(遺言書保管法)」が成立しました。 同年7月13日に交付され、交付から2年以内に施行されます。 (追記 施行日が決まりました。⇒「相続法改正の概要と施行スケジ […]

  • 遺言書 なぜ遺言を残した方が良いのか(2)

    そして「なぜ遺言を残した方が良いのか」  相続人が複数の場合、遺言がなければ相続人の間で遺産分割協議を行う必要があります。  遺産分割の問題点は、前述したとおりです。  一度争いになってしまうと、分割から数十年経過しても […]

  • 民法(相続法) 相続法改正の概要と施行スケジュール(2)

    相続法改正の概要と施行スケジュールについて、 こちらのページでは、改正された各項目ごとに、その概要を見ていきます。 施行スケジュールについてはこちらです >>「相続法改正の概要と施行スケジュール(1)」 相続法改正の概要 […]

会社設立のコラム

  • 会社設立 法人化の(会社を設立する)タイミング

    ここでは、法人化するとどのようなメリットとデメリットがあるのか、そしてどういう状況になったら検討を始めた方が良いのか、を述べてみたいと思います。   個人事業で起業して事業が安定してくると、株式会社等への法人化 […]

  • 会社印 はんこ 会社設立時に作る「ハンコ」について

    会社を設立する際にハンコを作る必要があります。 それは、 ① 代表印 ② 銀行印 ③ 角印 の3つです。 それぞれの必要性は次のとおりです。   ①代表印(丸印)は、登記所(法務局)に印鑑登録する必要があります […]

  • 山形ー会社設立ー決算  会社設立時、決算月の決め方

    会社を設立する際、会社の決算月をいつにするか。 まずは悩まれるところです。 決まりがありませんので。   国税庁が発表している平成28年分の決算期別の法人数データを見ると、 一番多いのは3月決算(19.1%) […]

会社の登記のコラム

  • 役員変更登記 過料 変更登記を怠ったら

    会社の設立後、「登記事項」に変更が生じた場合、変更登記をしなければなりません。 「登記事項」とは、いわゆる「登記簿」に載っている事項です。 商号、本店、資本金、役員などなど。 変更登記の中でも一番なじみがあるのは、役員変 […]

  • 山形の代表取締役 代表取締役の地位のみの辞任

    取締役会を置かない会社において、 「取締役としては残るけれども、代表取締役だけを辞任したい」 という場合に、会社の定款の定め方によっては、辞任の意思表示によって辞任することができない場合があります。   取締役 […]

不動産登記のコラム

  • 山形 不動産の贈与 不動産の生前贈与(親から子へ)

    お客様からのお問い合わせで多いのが「不動産の生前贈与」です。 (贈与したい親御さんからのお問い合わせもそうですが、贈与を受けたいお子様側からの問い合わせも同じようにあります)。 特に、「贈与税」を始めとした、「贈与したこ […]

  • 山形の抵当権抹消登記 抵当権抹消の登記

    家を購入された、または建てられた時に、金融機関からその資金の借入れをした方は多いと思います。 いわゆる「住宅ローン」です。 その際、ほとんどの場合、取得した建物や土地に抵当権が設定されていると思います。 抵当権とは、その […]

  • 農地の売買、転用 農地の売買、所有権移転登記

    一般的に、土地の売買は、売主と買主が合意すれば売買契約は成立し、合意により定めた時期に所有権は移転します。 しかし農地の売買の場合、所有権移転の効力を発生させるためには、原則として「農地法の許可」が必要になりますので注意 […]

コラムのカテゴリー